鳥取・倉吉・米子の高齢者・障害者等のアパート・賃貸支援|鳥取県居住支援協議会
  • 書体:
  • 背景色:
  • 大きさ:

鳥取県家賃債務保障事業

 保証人が確保できず賃貸住宅の入居契約ができない方を支援するために鳥取県独自で「鳥取県家賃債務保証事業」を創設しました。
 事業は、鳥取県居住支援協議会が鳥取県社会福祉協議会に委託して実施します。
 事業利用希望者は、あんしん賃貸相談員に賃貸住宅への入居相談と家賃債務保証事業について相談し、その後、鳥取県社会福祉協議会へ家賃債務保証事業を申し込みます。

鳥取県家賃債務保障事業
家賃債務保証制度
あんしん賃貸支援事業様式ダウンロード
会報

あんしん賃貸支援事業とは

あんしん賃貸支援事業とは、賃貸住宅等を「借りたいけど、借りられない…」そんな高齢者、障がい者、子育て世帯、外国人、低所得者等の入居をサポートする事業です。
また、借りる側だけでなく、「賃貸住宅等を貸したい」不動産店や家主さんのサポートも行っています。
あんしん賃貸支援事業の詳しい内容はこちら
チラシダウンロード
あんしん賃貸住宅検索 あんしん賃貸住宅一覧はこちら

あんしん賃貸支援事業に協力している不動産

  • (西部)あんしん賃貸支援事業に協力している不動産
  • (中部)あんしん賃貸支援事業に協力している不動産
  • (東部)あんしん賃貸支援事業に協力している不動産

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

 住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業は平成27年度に創設された制度で、高齢者・障がい者・子育て世帯の居住の安定確保に向け、居住支援協議会等との連携の下、空き家等を活用し一定の質が確保された賃貸住宅の供給を図るため、空き家等の改修工事に対して国が補助を行う事業です。
 鳥取県居住支援居協議会は、本事業により整備された住宅(あんしん住宅)情報の登録を行います。登録に関するご質問は協議会事務局までお問い合わせください。
 また詳しい事業内容は、住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業のホームページより、ご確認いただけます。