• 書体:
  • 背景色:
  • 大きさ:
ホーム » 鳥取県居住支援協議会概要

鳥取県居住支援協議会とは

鳥取県居住支援協議会は、県内の地方公共団体、不動産関連団体、福祉関係団体、その他居住支援を行う団体等により構成する団体です。関係者の連携により、高齢者、障がい者、子育て世帯、外国人、低所得者等の住宅の確保に特に配慮を要するかた(住宅確保要配慮者)の賃貸住宅への円滑な入居の相談業務を行うとともに、その促進等に関し、協議、検討し、そのために必要な施策や、環境の整備を図るために活動しています。

協議会概要

名称鳥取県居住支援協議会
会長 鳥取県生活環境部くらしの安心局長
設立 平成24年11月19日
根拠法令 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法)第10条
事務局公社)鳥取県宅地建物取引業協会内
〒680-0036 鳥取市川端2丁目125
Tel 0857-23-3569 Fax 0857-27-1854
Mail:?info@tottori-kyoju.com
協議会の構成図

(1)鳥取県あんしん賃貸支援事業

住宅確保要配慮者の民間賃貸住宅等への入居の円滑化を図るため、入居の受入に協力する不動産店、民間賃貸住宅を登録し、公開すると共に、事業の一元的窓口として情報提供及び相談対応を行うあんしん賃貸相談員を配置しています。

(2)各専門部会による調査、協議・検討

   

居住支援部会、福祉支援部会において住宅確保要配慮者の入居、居住の継続等に関する課題の解決に向けた協議・検討を行っています。

 

(3)情報提供等に関する事業

   

協議会ホームページや会報、チラシなどにより、各種支援制度の情報を提供しています。また、シンポジウム、セミナーなど普及啓発のための活動も行っています。

協議会の活動はこちら

〔不動産関係団体〕

   

公益社団法人鳥取県宅地建物取引業協会、公益社団法人全日本不動産協会鳥取県本部、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会中国ブロック鳥取県支部

 

〔福祉団体、その他居住支援団体〕

   

社会福祉法人鳥取県社会福祉協議会、一般社団法人鳥取県母子寡婦福祉連合会、公益財団法人鳥取県国際交流財団、社会福祉法人地域でくらす会、株式会社ソルヘム「陽だまりの家」東部事務所、障害者支援センターしらはま、中部障害者地域生活支援センター、障害者生活支援センターすてっぷ、鳥取県地域生活定着支援センター、鳥取県住宅供給公社

〔行政〕

鳥取県、鳥取市、倉吉市、米子市、境港市、三朝町(オブザーバー:左記以外の町村)

各会員の連絡先はこちら